2017年5月21日日曜日

工房間方のつくる米研ぎ笊

今朝ほど、待望のマタタビ米研ぎ笊が、奥会津の工房間方より、届きました。
手仕事専科では、工房間方の菅家藤一氏とのはからいから、奥三島の編組細工の商品をご紹介しています。
かれこれ、7年になるでしょうか。
地域興しでは、いろいろな考え方があります。
奥三島の地域行政では、村興しは、沢山の方々に奥三島に尋ねていただき、直接村民との
交流を通じて、産業と文化の交流・変革・発展を考えています。
菅家藤一さんが生活工芸館の館長だったころは、webサイトのご紹介は、ありませんでした。その頃からのお付き合いでした。

昨年から、いく度かのTV放映があり、奥三島のマタタビ米研ぎ笊や工芸品展が、ご紹介されるたびにマタタビ米研ぎ笊が、人気になりました。
そのようなことから、工房間方の工人達(74歳~94歳)も大変な忙しさです。
足腰の弱ったお年寄りには、山に入ってマタタビの材料を採ってくることは、出来ません。
関係藤一さんが、それらのマタタビを自分が管理する山から採取してきて、提供しています。
皆さんは、帆待ち仕事という言葉を知っているでしょうか。
私の育った那須町の中山間地域でもつかわれていました。
今でいう本業の合間のしごとです。
かつて、そこは、米俵編みや土方仕事や道路の作業仕事などでした。
こちら奥会津間方地区では、山から採ってきた山ぶどうやマタタビの樹皮から作る、手籠や米研ぎ笊をつくることが、帆待ち仕事になります。
工房間方の工人達の作るマタタビ米研ぎ笊です。
1~2カ月でお届けできるだろうと思っておりましたが、あまりの人気の御注文から、作り間にあっていません。
今では、5カ月先になろうとしています。
自然相手の手仕事から、ご理解を得られればと思います。
山相手に材料を採取して、お年寄りの工人が、ひとつひとつ作る手仕事です。
仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

手仕事専科のブログ   ■手仕事の逸品                                                                                                                                                                                    

2017年5月5日金曜日

会津木綿見本帳の紹介

手仕事専科でご紹介している会津木綿は、現在は、山田木綿織元一社のものです。
スタート時から、原山織物工場の商品をご紹介しておりましたが、一昨年に廃業されたことで現在は、山田木綿織元の商品をご紹介しています。
会津木綿の歴史にも記載されていますが、会津木綿は、明治中期以降に最盛期を迎えて、当時は、30社以上の工場が軒を並べていました。
しかし、現在は、山田木綿織元の一社となります。当時の豊田自動織機を現在もつかい、会津木綿の風合い「ごわごわ感」と保湿性と保温性に優れています。
昨今、手作りのストールが、人気を得ていますが、その時から、明るくカラフルな会津木綿の無地と縞柄のもようを求める方が増えました。
しかし、問題は、その生地見本がないことでした。
そのようなことから、当サイト手仕事専科では、生地見本を見本帳として準備いたしました。
かつては、生地見本は、無料の印象があるでしょうが、その製作の大変さから、有料でご紹介しております。
御入用の方は、こちらからお求めください。
山田木綿織元 サンプル請求
会津木綿見本帳 山田木綿織元・い版(50種類)  
30部限定製作     
¥1,500
  巾18.5cm×丈6.5cm
 
■商品コードA-23101-01■

[会津木綿の特徴]
会津木綿(あいづもめん)は、陸奥国会津郡(現在の福島県西部)に伝わる伝統工芸品。
木綿平織の堅牢な織物で、古くから野良着などとして広く着用されていた。紺地に白い縞を織り出すものが元々一般的だったが、現在は赤や緑など様々な色の縞柄が織られている。厚みがありふっくらとした質感で、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくい性質があるため、家庭での洗濯にも耐えるほどである。
経糸を小麦澱粉の液に漬けて固く糊付けし、横糸を織り込んでいく工程に特徴があり、糊付けしたことによる細かな節が経糸と横糸の間に空気の層を含む役割を果たしている。生地によく空気を含むため、汗をよく吸い込み保温性に優れる。
[歴史]
会津の綿花栽培は、天正年間に蒲生氏郷が執った産業振興策に由来するという。
寛永4年(1627年)には、加藤嘉明が以前の領国である伊予国松山から織師を招いて、会津に技術を広めた。伊予国はこの頃、瀬戸内交易の影響で、外国風の木綿の縞織物を特産品としており、これらの「伊予縞」(いよじま)と呼ばれる織物の技術が、現在の会津木綿の多彩な縞模様の素地となった。
寛永20年(1643年)、保科正之が綿花の栽培を奨励し、藩士の妻女の内職として木綿の織物に励むように勧告する。会津では農民の副作物として藍がよく栽培されており、農民の妻女は綿花の手紡ぎを冬の間の収入源としていた。
明治中頃、紡糸紡績業が発達する。綿糸を近隣の農家から購入するのではなく、国内の綿糸工場から大量に購入して力織機で大量に生産するようになる。
明治末期から大正にかけて、会津木綿の生産は最盛期を迎えた。
昭和以降、需要の急速な減少によって、生産は縮小。現在は、福島県会津若松市七日町の山田木綿織元の1社のみが生産を担っている。

仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2017年1月27日金曜日

養生の川俣シルク・サポーター[ミラクルロール]

手仕事の逸品で、養生について、述べるとは、思っておりませんでした。
手仕事専科には、有名な川俣シルクがあります。
一疋(いっぴき)(50ヤード)単位で、販売する原反から、完成品のスカーフなどが御座いますが、今回ご紹介するのは、齊藤産業(有)の開発した絹のサポーターです。
その名は、[ミラクルロール]といいます。
 

ホームページにご紹介してから、年々御注文が増えております。
しかし、昨秋からは、特にブームともいえる状況でしょうか。
遠くは、九州から、北海道まで、全国津々浦々にその効能が知られてきたようです。
海外(中国)への里帰りのお土産としても人気があります。
漢方や生薬ともいえる自然食品では、身体を温めることが、昔からの健康を維持する、当たり前すぎるほどの処方です。
それは、食の有効機能成分が、身体を温めることで、健康を保つからです。
それに対して、同様に体を温めること、特に経絡のツボともといえる足手首やお腹を温めることが、医術の処方でした。ですから、衣類で体を温かくするのが、このサポーターの効能です。
身体を温める衣類では、ユニクロのヒートテックが、有名ですが、この商品は、自然素材という点で、少し異なります。
********************************************
手仕事専科は、手仕事の継承とともに「和美との生活」を提唱しています。
職人(匠)のつくる伝統的手仕事の“用の美”と“もったいない”の気持ちそして、古くから伝わるコミュニティの“生きる知恵”です。
また、お米、味噌、醤油、鰹節、食酢、お酒等は、日本古来の食です。
人間の必要とする必須の栄養素をもつ発酵食品です。
それらを大切にする想いから、手仕事専科を運営しております。
今後とも、ご愛顧の程をおねがい申し上げます。
*********************************************
昨年師走の時期に齋藤産業をたずねました。
ちょうど、社長夫人がおられて、ブームともいえる[ミラクルロール]の話になりました。
そのお話は、健康食品とおなじものでした。
身体をあたためることが、如何に健康に優れているかでした。
お孫さんが、足首手首にミニサポーターをすることで、健康に大きな効果をもたらしたこと。
ツボや経絡の話は、御存じでしょうが、そのツボを温める効果です。
数年前から、飼っているわんこに寒いだろうと腹巻をしてあげていたら、その腹巻の部分だけ、年老いてもふさふさとして白髪にならないこと。
私も娘や妻に腹巻手首足首にミニロールを購入しましたが、女性は、敏感です。
すぐにその効能が、分かるのです。

[ミラクルロール]は、齋藤産業が、独自に県機関と提携して開発した素材による織物です。
野生繊維の王様と言われる「羅布麻」のもつ、綿の柔らかさ、麻の通気性、抗菌性。そして、独特の光沢、肌に優しい保温性と吸湿性・放湿性をもつ絹とで織りあげられています。
「ミラクルロール」は、これら「羅布麻」と「絹」のもつ自然素材の特徴を生かし、インナーウェアに欠かせない快適性を追求しました。


[メールマガジンの登録]


仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ
説明を追加

2016年12月19日月曜日

小砂の里、恒例の干支づくり(酉)

先日、一日益子から、烏山、那珂川町と3か所の工房を訪ねました。
大塚はにわ店烏山和紙小砂焼です。
ともに、手仕事専科の工房です。
那珂川町には、旧馬頭町小砂に藤田製陶所があります。
メディアも街の風物詩として、小砂焼の干支づくりを取材しています。下野新聞の一面にそして、TVとちぎの640でも取り上げています。
製作中の藤田真一さんと干支(酉)が、紹介されました。
彼は、現在、下野手仕事会の会長をされています。
私の30代は、手仕事会に御付き合いが始まったころですが、ともに若造でした。
ひさびさに工房を訪ねて、写真に収めてきました。
干支づくりの藤田製陶所です。
左から:白糠、鉄赤、金結晶の干支(酉)
この3種類の釉薬が、恒例の干支の色です。
好みによるでしょうが、どちらがお好きですか。
今年の干支(申)から、引き継ぎを受ける
3羽の鶏(酉)です。
皿の仕上げをしている藤田真一さんです。
型で作っても、仕上げが必要です。
手間暇がかかります。
手仕事の所以です。
乾燥中の干支(酉)です。
この後、釉薬につけ、焼きあげます。
私の好きな煉瓦の石畳と乾燥棚の光景です。
このレンガは、かつて、東京銀座に
使われていました。
藤田製陶所は、明治期に企業家として、
多くの事業を行っていました。
そのひとつが、この煉瓦です。
このような山里で作られていた煉瓦が、銀座に!!
とてもロマンチックだと思いませんか。
帰る頃には、夕焼けが見られました。
夕焼けは、郷愁を誘います。
両親に守られていた子供の頃や
悠な古代の記憶を持つDNAです。
それは、真っ暗な死につながる夜に対する
恐れなのかも知れません。
仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2016年11月6日日曜日

師走を迎え、干支だるま(酉)

手仕事専科には、民芸品がいくつもあります。
会津三縁起の起上り小法師風車赤べこ、白河には、松平定信公の起こした白河だるまがあります。
南部では、黄金べこや忍駒獅子踊りなどです。
津軽には、下川原焼土人形津軽凧絵です。
また、下野では、下野土鈴やふくべ細工、黄鮒です。さらに、それぞれの陶芸窯でも干支の置物などを作られています。小砂焼では、フクロウの置物と干支が師走の風物詩にもなっています。
それぞれに伝統的なそして、歴史と縁起を持つものです。
先日、正月向けに忙しい白河だるまの工房を覗いてきました。
佐川だるま製造所です。
だるまは、いくつもの工程から作られます。
佐川だるま製造所では、和紙の紙漉きから、重石の陶石まで、自工房でつくります。通常は、量産化・分業化を図って、外注するのが、当たり前になっています。
のぞくと熟練の女性たちが、一心不乱にだるまの胡粉ぬりから、絵付などを行っていました。これらの作業は、だるま作りのほんの一部です。
彼女たちの一心不乱の姿に感動を覚えました。
画像に収めましたので、ご覧下さい。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
[酉だるま]
干支10番目の動物である「とり」は神鶏ともよばれ、神の使いとされており、
太陽が昇るとき必ず鶏が鳴くため、鶏の鳴き声には、太陽の神を呼ぶ力があると云われていました。
酉年の『とり』は、『にわとり』のことを指しており、にわとりは、5徳を備えるといわれています。
5つの徳とは、知・信・仁・勇・厳のことです。
また、酉の日は実りの多い日とも云われています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
(干支だるま)
・絵付け種類 各2色あり
    金色 
    白色
・大  1,600円(税別)
・小    750円(税別)

(干支だるま)
・絵付け種類 各2色あり
    金色 
    白色
・大  1,600円(税別)
・小    750円(税別)
白河だるま
佐川だるま製造所
工房には、6人ほどの女性が
塗の作業を行っていました。
干支だるま(酉)です。
鶏冠もついて、口ばしも
そして、ひれのついています。
 
通常のだるまに胡粉を塗っています。
胡粉は、貝殻の粉末を膠で溶いたものです。
赤くぬっただるまの顔をピンクに
塗っています。
仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2016年10月24日月曜日

今人気の津軽こぎん刺

手仕事専科には、人気の工房がたくさんあります。
その中でも人気のあるのは、津軽のものが多いでしょうか。
関西や九州地方では、特に津軽物が、人気です。
情報が少ないことと、身近に津軽の手仕事品に触れる機会がないからでしょう。
その一つが、津軽こぎん刺です。
図書館に行くと刺し子として、紹介している書籍などが、見られます。
また、時折、刺し子のキットを求めてお電話を頂戴することがあります。
残念ながら、そのような扱いの商品もなく、教えるにしてもなかなか骨が折れることから、
需要と供給が、噛み合っていないようです。
青森県では、南部菱刺と津軽こぎん刺の二つが有名です。
しかし、工房や製作者をみていると津軽こぎん刺が、作り手の層も厚くしっかりとしたものを提供しているように感じます。
そのような津軽こぎん刺しですが、昨今は、自分用のご注文が増えました。
もちろん、クリスマスを迎えて、プレゼントの利用も多いでしょうか。
しかし、手仕事品ですから、特注品(色と刺し糸ともどこ)は、1~2カ月を見てご注文をお願いいたします。
今日は、弘前こぎん研究所の商品をいくつか紹介したいと思います。
手仕事の逸品として。
   
小袋(大)の商品です。
紺・生成りの総刺しです。
美しい商品です。
これらが、弘前こぎん研究所で収集している
こぎん刺しのサンプルです。
数百というサンプルが、記録されています。

紺・生成りの商品群
・セカンドバッグ
・数寄屋袋
・ポーチ
仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ

2016年9月29日木曜日

注染の宮染

手仕事専科には、地元下野地方の伝統工芸品が、たくさんあります。
かつては、盛んだったものも、今では、後継者がなく、現在の当主一代で終わってしまうものがあります。
-----------------------------------
(宮染の由来)
 江戸末期の頃、真岡木綿(現在の真岡市で織られた木綿地)が盛んになり、その木綿地を染めるために宇都宮市内を流れる田川沿いに染物職人が集まり襦袢等を染めるようになったのが、始まりです。
 その後、注染(ちゅうせん)という技法が生まれ、浴衣や手ぬぐいを一枚ずつ丁寧に染め上げてゆくようになりました。
 宇都宮に流れる田川を中心に栄えた染めものを総称して「宮染・みやぞめ」と名付けられたのです。中川染工場では、昔ながらの注染の技法を頑なに守りながら、後世にこの「宮染」を伝えてゆきたいと願っております。
---------------------------------
宇都宮には、田川の水で布を晒して作る染めもの業が盛んでしたが、今では、3社ほどになりました。手仕事専科では、印染の福井染工場と、中川染工場とお取引をしています。
今日は、そのひとつ中川染工場を紹介いたします。
後継者にも恵まれて、数十人の従業員を抱えて、忙しくしています。
駅の土産物店や旅館などでも取扱われています。
伝統的な意匠に新しいものも加えて、人気者です。
その中に、私の好きな伝統的な縁起物の手ぬぐいがあります。
また、12か月シリーズや花、果物などもあります。
商品群は、こちらのhpから、ご覧ください。
http://www.geocities.jp/hwfhb259/miyazome.html

仕事の逸品」はショッピング>日本の民芸/「下野・会津・津軽 手仕事専科」のブログです。株式会社とぴい企画  080-5089-9227  topykikaku@ybb.ne.jp
下野・会津・津軽の四季風景 ■下野・会津・津軽の歴史街道 ■和美との生活・和美空間 伝統的食品のブログ